スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蕎麦切 塩釜

二軒目は宮本武蔵と吉岡一門の対決でもおなじみの一乗寺のほど近く
「蕎麦切 塩釜」さん

IMG_3653R.jpg

IMG_3656R.jpg

時間はすでにお昼もとうに過ぎ、お店に着いた時点で数組の待ちのお客さんも居た。
順番が来るまでしばらく待って店内へ、、、
IMG_3658R.jpg


同行者が何やら事前にあることを聞いていたようで、自分らがもりそばを頼むと妙にニヤニヤとしていたのが気になったんだが、、、、
IMG_3659R.jpg
これでは分かりづらいと思うのでアングルを変えて、、、


IMG_3663R.jpg
オットと声が漏れるくらいの「盛り」!!
軽~~~く一山あります(^_^;)


前のお店のお蕎麦もなかなか蕎麦の香りが立っていたのだけれど、こちらもまずまず、、、
汁には蕎麦をチョコっとだけつけて「ズルッ」とすするのが通だとか良く言われますけれど、自分はそこんところの作法はイマイチ分かりません(^_^;)

ここの蕎麦はつなぎは入ってないのに結構1本1本が長く、麺を手繰るのも思った以上に高く上がる。


なるほどなるほど、、、ご馳走様でした!!


紹介HP:「蕎麦切 塩釜








↓blogランキング↓に参加しております、ハ~イ「ポチッ」とな!!


スポンサーサイト

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

蕎麦工房 膳

インスタントラーメン発明記念館を出て一路進路は京都へ、、、
最初にお伺いしたのは京都市伏見区の「蕎麦工房 膳」さん


IMG_3641R.jpg

IMG_3642R.jpg
時間が合えば、製麺作業も見られるようになってます。

入って店内はビックリするほど清潔に保たれていて、オープンな厨房は茹でた後の水切りで撥ねた水滴もその都度拭くという念の入れよう。
廊下なんか「舐めろ」と言われれば舐めることもできるかと思うほどのピカピカ具合(^_^;)

これほど清潔に保てるのも、こうしたご主人さんの姿勢とお品書きに天ぷらの油で揚げるものが無いと言うこともあるのかな~と思われる。

IMG_1283R.jpg



蕎麦も産地から挽きの荒さまで細かく分け、お伺いしたその日の蕎麦は
栃木県益子産の常陸秋そば 粗い目
長野県塩尻産の信濃1号 粗い目
長野県塩尻産の信濃1号での挽きぐるみ 細かい目
という具合。

さらにもりそば一つの注文に対し、粗い目と細かい目の2枚が出される念の入れよう。
IMG_3643R.jpg

IMG_3644R.jpg

IMG_3647R.jpg

画像から粗い目、細かい目の違いが分かるかな???


IMG_3647R.jpg
おかわりに産地が違う蕎麦もいただき、最後は蕎麦湯で締め。

IMG_3649R.jpg
奥は殻を剥いた製粉前の蕎麦を皿に盛って見せてくれた。


う~~~~ん、ご馳走様でした。


HP:「蕎麦工房 膳







↓blogランキング↓に参加しております、ハ~イ「ポチッ」とな!!


テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

プロフィール

Author:butch.t
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。